エコ素材!驚くほど少量で固化する土壌硬化剤のご紹介[サンプル無料請求]

土壌硬化剤・固化材


■エコ素材!驚くほど少量で固化する土壌硬化剤のご紹介[サンプル無料請求]


土木工事、地盤改良などの関係業者様必見です。

以下のようなお悩みありましたら、是非ご覧下さい。
▼工事のコストを下げたい
▼工期を短くしたい
▼土壌改良をもっと簡単にしたい
▼しっかりと地盤を固めたい
▼安価な骨材を用いて土壌を固めたい
▼環境に優しいエコ素材を探している
▼水分の多い土をしっかり固めたい
▼寒冷地での路盤強化剤を探している

海外よりものすごい土壌硬化剤が入ってまいりました!

この商品は、道路を始め、軟弱路床、路盤の強化安定、駐車場、支柱基礎工事、含水比の高い汚泥、ヘドロ等の固化処理など非常に多用途に利用が可能な硬化剤(固化材)です。

たった数%混ぜて頂くだけで、セメントよりも遥かに早く硬化します(もちろん強度もあります)ので、今までは硬化するまで待っていた日数が大幅に短縮できます。

これまでの常識を覆すようなこの土壌・セメント硬化剤(固化材)は、元大手ゼネコン本社直属の一級建築士グループが、その必要性から十数年に亘り各種硬化剤の評価研究を続け、様々な素材調合の試行錯誤を経て組成に成功した汗と泥まみれの執念の成果物です。

また、一般的な硬化剤では斑になりやすいのですが、均一に硬化することも特長になります。

さらに、以下のような特長もあります。


■ 現場の土を有効に改良し路床、路盤として利用することが出来る [廃土を出さない]


砂利、砂は勿論のこと火山灰、山砂、泥土、泥砂、粘性土、有機物含有土壌等でも
現場にある土に直接混合することにより、土を置き替えずに土質を改良し、路床、
路盤として利用できます。水分の多い汚泥やヘドロに混合して固化安定させることや、
有害物を含む産業廃棄物の固化処理に応用することも出来ます。


■ 施工後でも芝生など植物が成長します


環境被害が少なくなります。


■ 施工が簡単で費用が軽減できる


道路や駐車場などの舗装の場合は、従来のような水練コンクリート打設工法の他に、
路上混合という簡便な工法が可能であり、工期の短縮が出来、工事費が軽減されます。


■ 収縮、膨張が少ない


気温や地温に左右されることなく収縮、膨張によるクラックを生じることが極めて少ないので
地下室の工事や各種の池、灌漑水路等にも適します。


■ 凍上防止に威力を発揮します


硬化した処理層は遊水性が小さく、かつ熱伝導性が改善されることから、特に寒冷地における
凍上抵抗のある路床、路盤の強化安定剤として高い評価を受けられます。


■ 耐酸性が優れている


普通セメントに比べ耐酸性が高いため、畜舎の床、牧場、パドック、
堆肥盤の構築等に利用出来ます。

品質の詳細、価格などは以下よりお問い合わせ下さい。御社ブランドでのOEM販売も可能です。

今なら、無料でサンプルも差し上げておりますので、ご自身でサンプルピースを作成頂くことが可能です。併せてお問い合わせ下さい。

ブロードテック株式会社へのお問い合わせ

おすすめ記事

  1. 楽天パーキングのお問い合わせ・お申し込みはこちらから

    楽天パーキングは、駐車スペースの貸し借りが簡単にできるサービスです 駐車スペースは…
  2. 世界特許取得!SAVER KING JAPAN

    世界特許取得商品!日本初、節電システム【SAVER KING JAPAN】 SAVER…
  3. ノンフロン自然冷媒 R443A コスト削減

    ノンフロン自然冷媒R443Aは入れ替えるだけで効果発揮!

    電気代の約半分は空調機だと言われています。ノンフロン自然冷媒R443Aは入れ替えるだけで…
  4. お助けIT.com お気軽にご相談下さい

    お助けIT.com お気軽にご相談下さい…
  5. THE SAVER 節電の仕組み

    THE SAVER 節電の仕組み

    セイバーの技術は、モーターから発生する電力ロスに対して、それを打ち消すような逆位…

話題をチェック

  1. 当社は、東京都八王子市で日本品質にこだわり100%日本人エンジニアでチーム開発を行っている会社…
  2. 建築用窓ガラスフィルム施工専門店をオープンしました。 安心施工をモットーに、窓断熱・UVカット・災害…
  3. ノンフロン自然冷媒R443A-6
    「改正フロン法」どこかで聞いたような気がするが、何をしたら良いのか良く分からない、といった声が聞…
  4. R443Aはどうして節電になるの?
    ノンフロン自然冷媒R443Aに入れ替えるとどうして節電になるのでしょうか?前回までで空調機の仕組…
  5. ITでお困りの方の方に「ITお助け.com」 詳しいことはこちら!…
ページ上部へ戻る