R443Aとその他の冷媒ガスの比較

R443A と他の冷媒ガス

R443A と他の冷媒ガス

R443A と他の冷媒ガス

R443Aは他の冷媒ガスと比較してどういう特徴があるのか見ていきましょう。もう現在ではほとんど存在していませんが、特定フロン(CFC)、指定フロン(HCFC)と言った冷媒ガスが使われていた時代がありました。これらのガスはオゾン層を破壊することからモントリオール議定書により生産が規制されました。次に出てきたのが、代替フロン(HFC)であるR410A、R32Aと言った冷媒ガスです。これは現在でも広く用いられています。オゾン層を破壊する物質は含まれていませんが、温室効果の強度を表すGWP値が 600から2000とCO2の数百倍、数千倍高いという特徴があり、地球温暖化防止の観点からは悪影響があると言えます。一方、R443Aはオゾン層を破壊する物質はもちろん含まれておらず、GWP値も3と非常に低い値となっており、地球環境にもやさしい物質です。

関連記事

ページ上部へ戻る